服を着る in TOKYO

ファッションとエンターテインメントについてふわふわ語る

「愛嬌ポーズしないで!」と叫ぶ彼女の推しの愛し方 - チョ・ナムジュ『彼女の名前は』

不条理な事柄に対して声を上げたり、抵抗したりする女性たちの物語を描いた、チョ・ナムジュによる短編集『彼女の名前は』。どの女性の物語にも心当たりがあり、共感し記憶の中の自分や友人、家族を回想した。そんな中でも、特に印象に残ったのがアイドルフ…

2020年に出会えて良かったもの

あけましておめでとうございます。2021年になりましたね。 2020年内に振り返りそびれましたが、2020年、出会えて良かった映画や本、ドラマ、音楽などエンタメを振り返ります。自分の中で新鮮味があったものを中心に選んでみたら、韓国!タイ!みたいなライン…

ふぉ〜ゆ〜「ENTA!3」レポ、新曲3曲がめっちゃふぉ〜ゆ〜だった

ふぉ〜ゆ〜の「ENTA!3」こと、「ENTA!3 4U. Zeppin de SHOW」の東京公演に行ってきましたレポを書きます。お台場!Zepp DiverCity Tokyo!「ENTA!」も今年で3年目になるとは…2020年いろいろあったけど、無事「ENTA!3」が開催、そして開幕されて良かったなあ…

「ふぉ〜ゆ〜はかっこいい」を見たふゆパラ2020

ふぉ〜ゆ〜のふゆパラ、行ってきました。っていうかもう終わったなんて信じられないんだけど?あっという間だった。確かに自分も東京国際フォーラムのホールCにいたはず、ふぉ〜ゆ〜の4人をめっちゃめちゃ久々に目の当たりにしたはずなんだけどあまりに瞬間…

ふぉ〜ゆ〜、M-1とふゆパラ出るってよ。辰巳くん、月9出るってよ。

ふぉ〜ゆ〜、これから忙しいってよ!!!嬉しいよ! ふぉ〜ゆ〜(つ〜ゆ〜&おつゆ)、M-1出るってよ。 ふぉ〜ゆ〜、ふゆパラ出るってよ。 辰巳雄大くん、月9とWOWOW出るってよ。 おわりに:辰巳くんがインタビュアーを務めた『浅田家!』インタビューがとても…

WANNA BE MYSELF 私は私

世間に基準なんて無い。比べるな、私も私であなたもあなた。そこに違いはない。 そう歌ってくれるMAMAMOOの新曲「WANNA BE MYSELF」がクリーンヒットで元気をくれるので毎日聞いている。 [MV] 마마무(MAMAMOO) - WANNA BE MYSELF このMV、4人ともほんとに可…

ふぉ〜ゆ〜ラインライブ「DJ福ちゃんのベストヒットゆ〜」おすすめ曲まとめ Part.2

ふぉ〜ゆ〜ラインライブ(LINE LIVE)の福田悠太くんによる人気企画「DJ福ちゃんのベストヒットゆ〜」で福ちゃんがおすすめしてくれた曲をまとめていくよ!Part.2! 私は5月28日配信の「雨が降る日はこれを聞け!DJ福ちゃんのベストヒットゆ〜」が好きすぎてで…

ふぉ〜ゆ〜ラインライブ「DJ福ちゃんのベストヒットゆ〜」おすすめ曲まとめ Part.1

ふぉ〜ゆ〜ラインライブ(LINE LIVE)の福田悠太くん個人配信回での企画「DJ福ちゃんのベストヒットゆ〜」が毎回楽しみ。メンバー全員やってる「今日のコーデ」も好きだけど、今のところ「DJ福ちゃんのベストヒットゆ〜」が一番好きかもしれない。 音楽好きの…

「逃げるは恥だが役に立つ」かわいいは最強だし妄想も役に立つ

お題「気になる番組」 今さらながら「逃げ恥」こと『逃げるは恥だが役に立つ』にはまった。テレビで放送されていたのは2016年らしい。恋ダンスが流行ったの、4年前なの……(呆然)。 恋ダンスが流行していた当時、なんか流行ってるな〜程度の認識でほぼほぼスル…

デジタルファッションウィークを見て思ったこと

最近ファッションの話題を全く書いていなかったのですが、思うところがあり雑感を記録します。 ランウェイショーを開催する代わりに、デジタルコンテンツでのプレゼンテーションを行うことになった2021年春夏パリメンズファッションウィークとミラノメンズフ…

ふぉ〜ゆ〜ラインライブ祝1周年、私のベストLINE LIVE

ふぉ〜ゆ〜公式ライン(LINE)アカウントができて1周年、そして、2020年7月15日でラインライブ(LINE LIVE)配信スタート1周年を迎ます。 1周年ほんっっっっっとうにおめでとうございます。とてもおめでたいね…大袈裟ではなく本当にふぉ〜ゆ〜のラインライブが始…

私たちは手を取り合って駆け出す - 映画『お嬢さん』を観た

お題「ゆっくり見たい映画」 映画『お嬢さん』を観ました。※ネタバレありの感想を書きます※ お嬢さん(字幕版) 発売日: 2017/08/21 メディア: Prime Video youtu.be 私たちは手と手を取り合って、外の世界へ、暴力的な眼差しの届かないところへ逃げる。 キム…

6年前の私へ、2014年のSHOCKを見たらプレゾンを見よ

6年前の2014年、私は初めて「Endless SHOCK」を帝国劇場で観劇した。テレビのスター、KinKi Kidsの堂本光一さんが空間を舞い、階段から落ち、太鼓を叩きまくる、よくわからないけどスケールどでかい演出の数々に圧倒された。 6年前の2014年、就職と学校の卒…

聞いてくれてありがとう、小さな声で話します

今週のお題「会いたい人」 ・夢の中で手を繋いで野球場を歩いていた。爽やかな風の吹く初夏、晴天の午後だった。椅子が空いてなかったから一緒に階段に座った。整備されていない、郊外の野球場。それでも人がたくさん集まり、歓声を上げていた。 推しが夢に…

アイドルを「推す」行為と「消費する」行為は切り離せるのか

ふと考えていたのだが、アイドルとファン、という形でしか恐らく推しとは出会えなかった。たとえば、推しと大学のクラスが一緒だったとしても、少し話したくらいでお互い名前もよく覚えていない人、みたいな感じで終わるような気がする。関係ないけど、大学…

ふぉ〜ゆ〜がNo.1な瞬間 - 4U. is No.1 and Only 1

ふぉ〜ゆ〜はOnly 1でNo.1。 ふぉ〜ゆ〜×梅棒がタッグを組んだ出演舞台「Only 1, NOT No.1」が公演中止になっても尚、LINEに日々面白おかしいメッセージを投げかけてくれるふぉ〜ゆ〜、元々好きだったけどあらためて好きになりました。早く、皆が何の不安も…

A.B.C-Zの曲が良すぎて最高 - えび推し曲10選 by ふぉ〜ゆ〜担の私より

これまでにないくらいお家にいる with A.B.C-Zの音楽。 ここのところ、私の大好きなふぉ〜ゆ〜も「#ふぉゆいえいる」のハッシュタグとともに、お家でできる遊びをLINE上で披露してくれて、ファンと共有してくれている。絵しりとり、何秒「あー」って言えるか…

ふぉ〜ゆ〜・辰巳雄大くんの舞台を振り返る★

お題「わたしのアイドル」 ふぉ〜ゆ〜・辰巳雄大くん主演舞台「スマホを落としただけなのに」が開幕し、そして東京公演の休演が発表されました。 ふぉ〜ゆ〜とも何かと親交の深い演技派の文ちゃんこと浜中文一くんとの共演ということもあり、出演が決定した…

「スマホを落としただけなのに」舞台版を見た感想

舞台「スマホを落としただけなのに」の東京公演が、3月28日(土)以降全て休演となりました。 私の大好きな推しであるふぉ〜ゆ〜の辰巳雄大くんがめちゃめちゃ自信を持って臨んだ舞台。演者をはじめ、運営に携わる方、劇場の方の気持ち、そして観に行くことの…

強い光、トランスの瞬間 - KinKi Kids 2019-2020 ドームコンサートレポ

その空間の中にはKinKi Kidsの作り出す世界のみが広がり、閃光のような衝撃が走ると私の意識は鮮明になるとともに飛んだ。トランス。この感覚を覚えてる。久しぶりのこの感覚。彼らの作る世界観に直に触れるのは2年振りだ。 剛はファンが埋め尽くした客席を…

駆け抜けるモーション、90分間の逃避:東京事変再生

東京事変 Live Tour 2O2O 『ニュースフラッシュ』 東京事変がいきなり再生した。いや、いきなりではなかった。2012年の閏日に解散した彼ら。そこから2回目の閏日に再生する。これは最初から仕組まれていた再生だったのだろうか。 2012年閏日の解散ライブ…

女と女、私と「彼女」たち

下北沢B&Bで開催された、上村由紀子さん×高野しのぶさんのトークイベントに行った帰り、ひらりささん編集企画の同人誌「女と女」をサッと購入した。Twitterで情報を見て以来気になっていたし、近くの席の方が「劇団雌猫が……」と話しているのを聞いて「はっ…

ふぉ〜ゆ〜「ENTA!2」レポ - 目と目が合ったらミラクル

お題「わたしのアイドル」 「目と目が合ったらミラクル」竹内まりやは、牧瀬里穂への提供曲「ミラクル・ラブ」の中でこう言った。そう、目と目が合ったらミラクルなのです。 まさか、そんなミラクルが自分に起こるとは予想もしていませんでした。しかも、年…

好きの所在について、現実と非現実

お題「わたしのアイドル」 ふぉ〜ゆ〜のおかげで、推しごとが充実しまくっていた2019年。超楽しかった。ただ、その一方で自分の中で、“好き” という気持ちの折り合いがわからなくなってしまい、年の瀬のほとんどこのことを考えていた。2019年、すっきり終わ…

【勝手にコーデ】ふぉ〜ゆ〜に似合うブランドはこれだ〈願望セレクト〉

ふぉ〜ゆ〜が駆け抜けた2019年。目まぐるしくて楽しかった2019年(まだ終わってない)。ふぉ〜ゆ〜はメンバー全員が33歳になりましたね!よっゾロ目!! これを機に(?)前々から思っていたことを書かせていただきます。 それは、ふぉ〜ゆ〜×ファッション = 相…

ふぉ〜ゆ〜が人気爆発して嫉妬に狂う日が来るはずだ。③越岡裕貴 : 恋の歌い手

2019年、年末にかけて、舞台にコンサート、ショーと大忙しのふぉ〜ゆ〜。なんせ、10月にメンバー4人のうち3人(すり〜ゆ〜)が堂本光一さん主演舞台「Endless SHOCK」を終え、「SHOCK」に出ていなかったこっしーは屋良朝幸くん主演舞台「THE CIRCUS!」をこなし…

ふぉ〜ゆ〜辰巳雄大・ガチ恋沼にどぼーんざぶーん

私、この気持ちに気づいてしまった。これは恋だ。片足を突っ込んだら落ちていくのは一瞬なんだ。 ずっと、私はコンサートに行きたかった。夏にA.B.C-Zのコンサートを見たのも、気分が乗ったからではなく奥底の欲求に従っただけだった。ふぉ〜ゆ〜の「ふゆパ…

A.B.C-Zの推しが決められない

私は8月、信頼できる同僚からの紹介と言う、割と信頼できる出会い方をした人とうまくいかなかった。あっけないもので、私から月初に連絡したところ、この1ヶ月は忙しいと言われたのを機に連絡を取るのをやめた。1ヶ月、昼も夜もどこにも時間をもらえないと…

夏の能動的娯楽の記録パート1:「エリザベート」観劇

今年の夏は「エリザベート」の夏だった!!! 6、7、8月と3ヶ月にわたって上演していたと言うのに、あまりのチケット激戦で、1回しか見に行けなかった私……甘さを痛感しました。みんなどうやってチケット取ったのよ。 何回もイープラス・ぴあ・ローチケをにら…

灰色の海が色を得た - 「聖なる海とサンシャイン」THE YELLOW MONKEY

トリップした。 自分自身の記憶の中へのトリップ。それは「あーこんな事あったな」レベルだと頻繁にあるが、その時見た映像と温度、気持ちまでが鮮明に蘇る、頭の中の時間が戻る感覚は、どうやら音楽を聴いている時に呼び起こされやすいようだ。 聖なる海と…