服を着るin TOKYO

ファッションとエンターテインメントについてふわふわ語る

We are KinKi Kids〜剛のベレー帽がお餅みたいでかわいい、光一のニノウデの世界

2016年、20周年突入イヤーとして、『薔薇と太陽』シングルリリース、『N album』リリースを皮切りに行われたツアー、そしてドーム公演。

 

デビュー20周年記念日を経た今、DVDを見て、昨年生で見た記憶をたどって、私の気持ちに間違いはなかったと思う。それが大勢のファンの方の意見と違っても。

 

 

あのツアー、ドームコンサートにおいて、『薔薇と太陽』、二人のソロをKinKiの場でやる意味、『陽炎』、そして、この意見は少数派かもしれないが『Fall Dance』を見れて本当に良かった!これに尽きると思う。

 

「SONGS」の紅白舞台裏放映時に、楽曲提供者であるイエモンの吉井も言及していたが、コンサートの重要すぎる位置に『薔薇と太陽』があった。

あと今DVD見ていて思ったけど建さんとどんちゃんも演奏に気合い入ってる。っつーかドームコンに関しては『薔薇と太陽』、YOSHIEとメデューサも出演しているから、なにどこ見ていいのこれ?!みたいなとてつもない華やかさがステージ上にあったわけで。実際ドームコンサート中、光一さん見てても近くにYOSHIEがいるとYOSHIEを見てしまう笑

YOSHIEの吸引力は本当にすごいと思う。ああいう人がカリスマなんだなって。かっこよかった〜〜。

 

『薔薇と太陽』は、優れたクリエーター達が表現するKinKiの世界観と、KinKiの考えるKinKiの世界観が合致したのに加え、従来の「哀愁漂う歌謡曲を歌う現代のジャニーズアイドル」というKinKi像を打ち崩す事なく、縛られがちなマンネリを破って今のKinKi Kidsにしかできない新しい表現を引き出すことに成功した曲だと思う。

吉井の曲は、歌謡調ではあるけれどベースにあるのがロックだから、歌謡曲っぽくするのはなんだか違う。おそらく2人も心得ていたはずだが、歌謡曲っぽく歌い上げると、ひたすら歌謡曲というか演歌のようなムーディーさが強調され、『薔薇と太陽』が持つエッジの効いた感じや、歌詞の言葉のクスッと笑える部分が生きてこない。

光一さんは、時々節の付け方が歌謡に寄りそうな部分があるんだけど、踊りながら歌うことで汗飛び散る感じ、鋭利さが出ていてグッド!!剛はクールに徹していて、俯瞰してる感じがグッド!!この曲のおかげで、キンキとして表現することに対して、2人がより前のめりになってくれたような気がする。

あと、コンサートDVD見ていて思ったのだけど、上下に剛、光一の配置がこの曲は良いと思いました。右目で光一、左目で剛をみるよりも、『薔薇と太陽』は2人がそれぞれ違うことやってるのを両目同時に見たい。

 

ソロコーナー、2人の世界観の違いを際立たせる構成だったように思う。選曲も演出も。しかし『INTERACTIONAL』かっこいいな……ヨシエ×メデューサ×光一とても良い。。。あと、個人的に『LOVE CRIES』大好きなのでイントロ聞いた瞬間に叫んだ笑。あの曲は愛かたとか銀色暗号系統の、光一節と思っている。『Slave Maker』の「つよしカモン!」は言わずもがなですね。背中合わせで歌う場面、目に焼き付いています。あの剛の登場の仕方はかっこいいずるい!!

頑なまでにお互いのソロの領域に入ることを拒んでいた2人が、お互いを尊重し合う形で共演してくれたことがとても嬉しかった。剛ソロで、Pボーンやギターで参加した光一もとても良かったです。剛のセッションコーナーも楽しかったな〜〜〜踊りながら聞いてたな〜〜〜。『LOVE XXXX』も嬉しかったです。

 

『Fall Dance』は、ツアーで聞いた時にこの曲こんなに良い曲だったっけ?って思った。秋だったからかなあ、温度感、歌詞、照明、振り付けが私の中で全てしっくりきた感じがあって、コンサートが終わってからもずっと余韻に浸りっぱなしだった。

コンサートではなくDVD見て思ったことですが、光一さんガシガシ踊ってるね。この振り好きだったのかな、と思いました。「目を閉じたまま〜」のとこのステップとか、剛がラフな感じなのと対照的なんだけど、コントラストが逆にきれい。

あと照明黄緑なんだよね!最初!!黄緑珍しくないですか!!夏の終わり感あって良かった。

「この声君には届かない」の振りも超大好き。なんか珍しくPerfumeっぽいというか、振りが細かいのと、歌詞と連動しているところ。まさに「音楽の可視化」。「ひらひら〜」で上向くところも好き。

曲構成的には、三拍目表で入る光一の「君恋しくて〜」が好き。よく入れるなーと思う笑。それだけじゃなく、入魂してる感じがするから光一が歌うあのフレーズ好きだ。

 

要は、ときめきポイントが多かったということなんでしょうか。あの『Fall Dance』を聞くために、あのコンサートに行った感じすらする。2人が2人だなーって思うんだよなあ。 コンサートで曲が化ける瞬間、みたいな時に立ち会えて、嬉しかったです。

 

曲化けで言えば、『陽炎〜Kagiroi』も本当にすごかった!!会場の空気が一変した。別の次元に引っ張られるような、宇宙的な力を持った曲。

サビで主旋を歌う方にスポットが当たって、もう1人はメンバーカラーの照明になるんだけど、主旋歌う方にハモがエナジー送る構図?みたいな感じに思えて。。。お互いがそれぞれのパワーを受け取って魔法かける!みたいな感じ。うまくいえないけどなんかスピリチュアル!みたいな。妖精降りてきた!!みたいな。この世界と別世界の境目!!みたいな。

 

これが、演者がステージを支配する瞬間なんだろうか。

 

あと陽炎の時に剛がかぶっている白ベレーまじでかわいい。お餅にしか見えなかった。剛がお餅かぶってる♡かわいい♡って思ってた。

話題になっていた光一さんのニノウデ、私は好きでした笑。筋肉どーん!!!でしたね。

 

7月、KinKIごとが色々ありすぎて嬉しさにうちひしがれたり、色々考えたりしていましたが、整理していこうと思っています。

余談ですが(全部余談のようなものですが)、コンサートグッズの目覚ましはとても重宝しています。必ず起きられる。オフにし忘れて出かけたらKinKiが喋り続けてましたが……。

 

f:id:kyanakoforyou:20170820220931j:image