服を着るin TOKYO

ファッションとエンターテインメントについてふわふわ語る

日々の活力はあなたの活躍 〜ジャニーズ〜

今週のお題「私の癒やし」

 

ジャニーズ、というか正確にはKinKi Kidsとふぉ〜ゆ〜とV6なんですけど、ひっくるめてジャニーズから癒される日々。

 

何がそんなに癒しなのか?と考えていたんですが、私の考える、KinKiとふぉV…ジャニーズの皆さんの癒しポイントはこれ。

 

  1. かっこいい(顔)
  2. 魅力的に踊ってくれる
  3. 説得力をもって歌ってくれる
  4. 振る舞いが可愛い

 

 ①かっこいい(顔)

あんなにかっこいい人達と、平凡に暮らす私はまず日常で出会うことはないので、テレビとかジャニーズ事務所、マジありがとう。2016年のKinKiのラジオ生放送で、同じような事を投稿されているリスナーさんがいて心から共感しました。どう考えてもかっこいいし、非現実的。全然関係ないけど、今日たまたま『星の王子さま』という字面を見て、「光一って星の王子さまじゃん?!?」と思いました。ちなみに星の王子さま』読んだことない…読まなきゃ…。

 

星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま―オリジナル版

 

 

 

 

②魅力的に踊ってくれる

普段はKinKiの話題が多くなりがちですが、ダンスを見て1番魅力的だと思うのはV6の森田剛です。踊っている時の動きの一つ一つに、念というか、意味を感じる。とても表情豊かで、繊細さからダイナミックさまで振り幅の広い表現を見せてくれる。見ていてとても楽しいのが森田剛のダンスだと思う。

20周年コンサートの「GUILTY」最高だったな!椅子をとても綺麗に使っていらっしゃいました。あと「Can do!Can go!」のラスト。長野くんが「剛ニコニコしてるんだよね!」って言ってたあのカニポーズ、とても良かった。ポーズそのものは鋭利でかっこいいのにニコニコの可愛さがミックスされて、どうしようもない気持ちになる。おいおい森田さんは目まぐるしい魅力の持ち主だな!

 

 

あとは10周年の時の「signs」、2003年代々木の「MIX JUICE」のダンスも好き。森田剛のイメージそのもの!って感じがしてゾクゾクする。

※2003年の「MIX JUICE」は衣装もブラック&キラキラでかっこいい。

光一さんのダンスも好きですよ。光一はダンスへの集中力?とか楽しんでいる感じ?が伝わってくる、その感情ダイレクト加減が好きです。実直!!この前も書きましたが2016年ツアーの「Fall Dance」まじ最高、好き。SHOCKのダンスは、もういちいち好きとか言わなくていっか、ってぐらい全部好きです。

 

 

つよしの細かいリズムの取り方も好きなので、同じく「Fall Dance」、つよしの表現もとても良かったです。私は「The Red Light」に大きな期待を寄せていて、あのメイキングで見せた、カクカクダンス、、、つよしのあの細かいリズム感を目の当たりにできるチャンスをずっとうかがっています。来るべき時に!(12月のドーム公演当たってくれ頼む)

ふぉ〜ゆ〜では、ダンスは福ちゃんが一番好きなんだな〜〜重心低めプラスリズム後ろめで踊ってくれるから。でも4人とも、楽しそうに踊ってるところが本当に魅力的だから、もっともっと踊って欲しい。ちなみに、KinKiの「恋は匂へと散りぬるを」は、KinKi Kids withふぉ〜ゆ〜ぐらい言っても良いんじゃないのかなあと思う。あれだけバックで存在感示してるんだから……!

 

 

L album(初回生産限定盤)(2CD+DVD)

L album(初回生産限定盤)(2CD+DVD)

 

 

③説得力をもって歌ってくれる

ドラマ「あまちゃん」で、小泉今日子演じる春子さんの歌が妙な説得力を持っているのは、元々アイドルの吹き替えをやっていたからみたいなくだりがあって(うろ覚え)、確かにアイドルの歌には説得力が必須だと思った。

ずば抜けて上手いとかではなく、説得力。最近は、KinKi Kidsの最新シングル「The Red Light」のカップリングの「Million Secrets Of Love」をヘビロテしているんですけど、「何度も誰かを好きになっても あなた以上、愛せない」(光一パート)が何回聞いても刺さる。別に私に言ってくれてる♡とかではなく、差し迫った感じに切なさ通り越して悲しさすら感じる。私が光一ファンだからなんですかね。

 

 

でも説得力においてはつよしがとても素晴らしいです。KinKi Kidsの「L album」に入っている「命のキセキ」の「あの日カシオペアは〜」って聞いただけで冬の夜空に浮かぶカシオペアが見えるんです!!スピリチュアルじみてきたけど、そうじゃなくて表現力プラス説得力がまじで凄まじいということ。情景を描き出す歌声だなあと思う。

ごうくんは本当に「candy」が神すぎてだな…Chara大先生にまじ感謝。あれもう歌ってくれないんですかね、、生で聞きたい。坂本君もラジオで発言してたけど、「Timeless」の歌い出しも好きです。世界にグッと引き込む引力がある。歌声に透明感があるからですかね。ストレートな感じがします。

坂本君は言わずもがなですが、舞台「Murder for Two」を見て、その引き出しの多さに驚愕しました。あと、坂本君はとてもユニークで面白い人なんだな、と思った。いつも見守り系(?)だから見落としがちだけど、とてもユニーク。(2回目)。トニセンの「会って話を」は、ソフトな持ち味が存分に生かされていてかなりときめきました。あの柔らかい歌声、3人ともすごく素敵。(初めて聞いた時博のソロだと思って聞いてた)

 

The ONES

The ONES

 

 

ふぉ〜ゆ〜は元気なところが良いところ!(松崎君の「スマンソング」聞いてみたい)

 

④振る舞いが可愛い

これは、もうなんかだらだらしゃべってたり、おいしいもの食べてたり、フクロウ頭の上に乗せてみちゃったり、相方が打ったそば食べたり、紹興酒で酔っぱらってラジオで暴言吐いたり、ゲストの足にビールこぼしたり、相方の朝の行動を身振り手振りで再現してくれたり、なんかもう全部可愛いんだよな。(前文ほぼキンキ)

もちろん、ファンサしてくれる辰巳も可愛いし、いつまでも健君と仲良すぎるごうくんも可愛い。仲良すぎてラジオでたまに素でしゃべってそうなふぉ〜ゆ〜、みんな可愛い。

 

KinKiの年末コンサートの当落に、2017年残りの私の命運がかかっている……。今年最後に、しっかり癒してくれたらうれしい。あと、元気なつよしに会える事を願っています。

結論 今わたしを癒してくれるのはカレーか魚

今週のお題「私の癒やし」

 

スーパー疲れた今週の私にぴったりなお題だったので、猛烈な勢いで「私の癒し」を羅列する事にする。ジャニーズについては、書ききれないので余力があれば別記事で、力尽きたら私の中に留めます。

以下、順不同!

 

①酒

ビールが一番好きだけど、その次にゴールデンハイボールが好きです。あのシンプルな味わいは何なのかしら。泡盛の清々しい味も好き。ワイン、あまり好きではない。ワイン飲んでた方がおしゃれに見えるはずなのに、全然飲めない。泡盛ある程度飲んでも大丈夫だけど、サングリアは1杯飲んだだけで家に帰りたくなる。

 

②友達と会う

友達と会うために連絡を取ることが、以前は面倒だったが今はそんなに苦にならない。自分が会いたい時に会いたい人と会うのが、ストレスの解消になる。会った結果、盛り上がらなかったり、なんとなく話の波長が合わなかったりしてモヤモヤすることもあるけど、そんなモヤモヤは一時的なものだし、別次元に溜まっていく疲労感に押しつぶされて無くなっていく。違う生活を送る人の話を聞くのは、単純に楽しい。

 

②美術館

一番好きな美術館は、国立新美術館東京都現代美術館国立新美術館は、ホールが広いから、混んでいても何となく落ち着く。あと図書閲覧室が好きです。ミュシャ展とかバレエ・リュス展とか良かったな〜〜ISSEY MIYAKE展も。印象派好きなので、来年の「ビュールレ・コレクション」も楽しみだ〜。

東京都現代美術館は今休館してるけど、周辺のあの殺風景な感じも合わせて好きです。「フセイン・チャラヤン展」は忘れられない。「Future Beauty」の日本のファッションを考える展示も見に行きました。面白かったけど、内容がもりもりで、特に新進のブランドに関しては自分で調べたりしないとあかんな、と思った記憶が。(そしてその後あんまり調べなかった気がする)。

 f:id:kyanakoforyou:20171021114650j:image

↑目黒 庭園美術館

あーーでも目黒の庭園美術館も好きだな、あのロケーションと建物の良さ。「クリスチャン・ボルタンスキー展」嬉しかった。ボルタンスキーラブ。あの執拗なまでに人の記憶を収集したり、訴えかけてきたりする感じがとても良い。

f:id:kyanakoforyou:20171021112207j:image

↑犬島製錬所美術館 発電所

豊島美術館もまた行きたいなーーー。でも直島周辺では、全部行った訳ではないですが、犬島が良かった。瀬戸内海の穏やかな感じと独特の寂しさ、犬島製錬所の孤高の存在感、植物のエネルギッシュさ、とても良かった。

 

ただ、美術館の良い点でもあり不都合な点でもあるのですが、私だけかもしれないけど、なんか何となく簡単には行けない。いや電車に乗れば行けるんだけど、やる気と良い体調が揃っていないと美術館に行けない。

 

③書く事

書く事は良い。なんでも書き出すとすっきりするし。書く事に関して、私はスタートダッシュがとても遅いのでフィニッシュもとても遅い。文章書くの早くなりたいので、スタートダッシュを早くする必要が大いにあると思う。文章トレーニングジムみたいなの無いかな。他力本願だけど、モチベ高く文章極められる場があったら素敵だ。あと、よく装飾語もりもり、一文が長いと言われるのでそこも修正していきたいところ。

 

④本を読む事

上記の装飾語もりもり、にも関係するかもしれませんが最近は綿矢りさ最果タヒを読んでいて、心情羅列系が好きなんだな、と実感しました。綿矢りさは『勝手にふるえてろ』を読みました。「ハイ、恋愛がんばろう〜〜」という気持ちになった。別にそういう主題ではないと思うけど行動することが大事だよなと思った。

 

勝手にふるえてろ (文春文庫)

勝手にふるえてろ (文春文庫)

 

 

最果タヒは、詩の本も持っているのですが『もぐ∞』を読み始めまして、わかるう〜〜と思った。マカロンホットチョコレートを合わせるのは甘い×甘いで、甘いのつぶし合いになるのに、パフェは様々なスイーツがハーモニーを奏でる事が許される食べ物、みたいなことが書いてあって、わかるう〜〜〜。まだ少ししか読んでいないけど、期待。詩に関してはよくわからない事もある。

 

もぐ∞(もぐのむげんだいじょう)

もぐ∞(もぐのむげんだいじょう)

 

 

ここ一年で夢中になって読んだ本は、有川浩図書館戦争原田マハ『楽園のカンヴァス』植本一子『かなわない』『家族最後の日』。植本一子さん新刊でるらしい〜〜〜やっほい。『かなわない』は読後の衝撃が強かったな。良い意味で。『図書館戦争』は手に汗握りながら読んだ。『楽園のカンヴァス』も。心情羅列系とエンターテインメントどっかーん系が好きです。

 

 

 

家族最後の日

家族最後の日

 

 

 

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

 

 

⑤かわいい服や化粧品を買う、もしくは見に行く

これは、体力がある時じゃないと無理。癒しなのに体力いるって、何だ。試着って本当に、なんてエネルギーのいる行動なんだろうと思う。最近服を買っていない(そのかわりにKinKi Kidsに散財している)ので、そろそろ靴とかバッグとか、いい感じのセーターとか欲しいんですけど……。試着を乗り越えたその先に、可愛くてテンションを高めてくれる服が手に入る。AKIRA NAKAのプリントシリーズ可愛かったな……。

店員さんとの会話は私のような根暗にとっては少しストレスフルだけど、あの人たちから服やアイテムのいいところとか特徴とかを聞き出す事はとても有意義な事だから、頑張って服買いに行ってください私。可愛い服が似合うようにダイエットも頑張ってください私。

 

⑥一人でカラオケに行く

カラオケの部屋のネオンをぼーーっと見ているのがとても好き。人と一緒に行くのもまあ好きだけど、一人で行くとぼーっとできるしたくさん歌えるから良い。一人Endlees SHOCKしたりしてる。

 

⑦カレーと寿司

ここまで書き進めてきて、一人でいるの好きすぎるな?!と改めて思ったのですが一人でカレーもしくは寿司を食べると、贅沢な気分になれて疲れが取れる気がするので好きです。寿司は安くておいしいのがいいです。京樽のテイクアウトでたしか400円台で買える寿司パックがあるから好き。カレーは好きなお店たくさん!複雑なスパイス使ってますよ感が漂うと、もう好き。

curry 草枕

食べログcurry 草枕

 

今スーパー疲れているので、とりあえず寿司かカレー食べにいこ。 お魚かスパイスが癒してくれるはずだ。

ふぉ〜ゆ〜が人気爆発して嫉妬に狂う日が来るはずだ。②辰巳雄大 〜SHOCKでハンター辰巳に射抜かれた話〜

ふぉ〜ゆ〜の辰巳雄大に、私は通算2回ハートを狩り取られている。たった2回、されど2回。いやまさか2回目があると思っていなかったの!!意外すぎたの!だから今興奮気味なの!!!

 

f:id:kyanakoforyou:20171015120754j:plain

博多座で配っていた「GACHI」のビラ

辰巳はふぉ〜ゆ〜のラジオでは仕切りをこなすほどのおしゃべり上手。最近では、ふぉ〜ゆ〜の主演舞台「GACHI」において落語もこなすらしい(未だ見れていない)。そして、嵐の相葉くん主演のドラマ「貴族探偵」に出演したり、ソロでの主演舞台「ぼくの友達」が決定していたりと、俳優としての仕事も着実に増やしている、ふぉ〜ゆ〜随一の演技派。ダンスもかっこいいです。表情豊かに踊ってくれて好き。

 

いや、何と言っても、辰巳の一番好きなところは、辰巳のアイドル性×ハングリー精神が相まって、ギラギラハンターと化しているところなんですよね。

 

私も最初は、KinKi KidsのコンサートのMCでしゃべっているのを聞いて「ん…?なんかあざとかわいい…?」と思ったり、ふぉ〜ゆ〜のレギュラーラジオ番組「ふぉ〜ゆ〜のぴたラジ!」の少し前のジングルでキメキメトレンディな台詞を言っているのを聞いて「イケメン担当なのかしら」と思ったりしている程度で、「Endless SHOCK」に出演していても普通〜〜に見ていた。わあふぉ〜ゆ〜だ☆みたいな。平和な気持ちで見る事ができていた。

 

そんな私に転機が訪れたのは、ふぉ〜ゆ〜主演舞台「23階の笑い」。2016年12月に、紀伊国屋サザンシアター TAKASHIMAYAで行われた初演の時だ。思えばちょっとしか経っていないのに随分と前に感じる。

f:id:kyanakoforyou:20171015115514j:plain

まず狩りとは関係ないんだけど、辰巳演じるルーカス、衣装がどハマりでかわいい。古き良き時代の、上品だけど庶民的なおじいちゃんが着てそうな、えんじとか山吹色とかモスグリーンのカーディガンやニットが印象的で!!アーガイル柄とか、スモーキーな色のチェックとか、言うなればちょっと野暮っためな服装なのに、辰巳が着るとものすごく可愛く見える。一番最初にステージに出てきた時から、あの衣装のスタイリングは完璧だと思っていました。

f:id:kyanakoforyou:20171015113436j:plain

↑カーディガンとにかく可愛かった。

また、「23階の笑い」のストーリーや演出、面白すぎて、ほぼ全編とても平和な気持ちで見ていたのを覚えています。目線がほしいとか、ドキッとするとかあんま考えてなかった。強いて言うなら、見に行った日に転職活動の予定が入っていたのでスーツを着ていったんですが、まじで場違いな格好だな…と思ってストールでずっと隠していて、若干そっちに気を取られていました(もったいない)。

5列目一番右端、ちょっと見切れるけど距離の近さはピカイチな席でした。近くで見て、まじでふぉ〜ゆ〜全員イケメン!!と実感できた。

そんなこんなでエンディング。初演時はサンタの帽子を被って4人で「メリ〜♪クリスマ〜ス♪」って歌って締めくくりだったのですが、少し踊ってくれて、ふぉ〜ゆ〜のダンス大好きな私は歓喜。思えば完全に油断していた。

 

そう。時は来た。曲の最後の方にキメ?みたいな感じで指を指してポーズする振りがあったんですけど、明らかに辰巳が指しているのは私で、目線も私の眼を捉えて離さなかった。

たった数秒間。心の中は「え?え?え?????」と思いながら自分の顔が硬直していくのがわかった。

 

その日、終演後もずっと辰巳の事しか考えられなくなり、「うわああ辰巳のことしか考えられないよおおお」と悶々とする日々が続きました…。完全に狩られた。

文章にすると、「こいつ妄想癖はなはだしいわ」みたいな感じに取られてしまっても仕方ないのですが、事実です!!!!!(爆)

いや、仮に私の周囲にいた方も同じように感じていた、つまり、事実としては私単体を指したのはなく、周辺一帯を指さしていたのだとしても、「私を指さしてくれている」と思わせた時点で辰巳が勝っているということに変わりはない。

これが噂の…と思った。思い浮かんだのは、辰巳のPLAYZONEにおける「椅子ドン」エピソード。実体験された方のブログを読んで、衝撃を受けた覚えがあった。

f:id:kyanakoforyou:20171015111938j:plain

↑完全に浮かれてこんな画像をインスタに投稿していた、、、 

それ以来、せっかく狩ってくれたから(?)ふぉ〜ゆ〜では辰巳推しな私。福ちゃんも好きだけど。「23階の笑い」再演はもちろん、「それいゆ」も見に行ったりしましたが、平和な観劇ライフを過ごしておりました。ただ愛でて、お芝居を楽しむ平和な日々……。

 

まさかもう1度辰巳に狩られる日が来るとは。

先日、ご縁とタイミングが合って(こう書くと結婚みたいだな)、「Endless SHOCK」博多座公演を見に行きました。
初の博多座!とても良い劇場ですね。楽しい。なんか出店みたいなのがロビーに所狭しと並んでいて、帝劇と全然雰囲気が違う!お芝居見に来たな!!っていうテンションが上がる劇場。本当素敵。博多座の近くに住みたい。
座長・光一も博多公演楽しそうにしてたな〜。なんとなく。良い雰囲気だった。

f:id:kyanakoforyou:20171015111821j:plain

SHOCK!TSUTAYA博多座

席が自分史上最も舞台と近い2列目…という良席に奇跡的に巡り会い、見ながら自分の視界をどこに設定するか全力で考えてました。

基本的には光一さんを見るんだけど、やっぱり辰巳も見たい。いや、本当は全員まんべんなく見たい。とか思いながら、せっせと見ていたのですが、やっぱり完全に油断していた。

光一が手を上に掲げ、始まる「SOLITARY」。まずさ、「SOLITARY」嫌いな女子なんていないでしょ?!ってくらいキメキメな曲で、光一も毎回めっちゃかっこいい。出とちりする内君も見なければならないし、とにかくこの曲見逃せない部分がありすぎて毎回困る。でも、「SOLITARY」が始まる前から、「SOLITARYは、とにかくメインは光一、辰巳は近くに来た時に見よう。光一と辰巳が近い場所で踊っていたら目を片方ずつ使って一人ずつ見よう」と決めていた。

2回目「Let me be let me see〜」のところの、女性ダンサーと一緒に踊る振りがとても好きなのに全く辰巳を見ずに光一ばっかり見ていた事を少し後悔して、その直後から片方の目で辰巳、片方の目で光一を見て、辰巳だけに焦点を当てるようにも意識した。

 

事はそのすぐ後に起こった。光一が手を広げて大サビ前に「Lonliness just〜」と歌うとき、他の人たちは全員ポーズで静止している。その時辰巳は私の目の前に静止していた。
とても近くにいたので今は辰巳を見る時!と思い、一生懸命辰巳に意識を傾けた。目深に帽子をかぶり、澄ました顔をして立っていた辰巳。そして次のフォーメーションへと動く直前に、一瞬目が合い、瞬間的に本当にほんの少しだけ口角をフッとあげて辰巳が微笑んだ。

 

信じてもいいよね〜〜〜〜!!!

 

絶対狩りじゃんこれ。だって、私の前に座っていたお客さんは男性で、その前には辰巳がいたのだから。たとえその男性のお客さんもろとも狩られていたとしても、それはそれで良い。正直、1幕終わるまで「え??辰巳??狩られた???」という思いを引きずってしまった。不覚にもときめいた。
「SHOCK」でそんなんさ〜〜目線くれるとかそんなんあると思ってなかったよ〜〜〜。不意打ちだよ〜〜〜。髪型とかもさ〜〜若干ふわふわさせちゃってさ〜〜(好き)。

ビバさん(前田美波里)とふぉ〜ゆ〜で出た番組「ごごナマ」を今更ながらチェックしたら、 ビバさんにほめられて嬉しそうにしちゃってさ〜〜〜。照れて舌ペロペロしちゃってさ〜〜〜。

 

f:id:kyanakoforyou:20171015112233j:plain

「GACHI」のポスター、目立つ所に貼ってありました。

 辰巳ファンの諸先輩方からすれば、そんなん当たり前やん?みたいな感じかもしれないけど、なんか不慣れすぎて舞い上がってしまう。単純に嬉しいし、応援したくなる。すごいな。次に舞台上の辰巳を見る時、私は平常心で見ていられるのだろうか。

 

辰巳、若干ふわふわの髪型、あのままでロン毛の剛とならんでほしいなーーふわふわふわふわ。

 

↓松崎くんに関しても書きました。 

kyanakoforyou.hatenablog.com

 

GUCCI 17AWがまじ剛、っていうか堂本剛軍団

来週からミラノで2018年春夏コレクションが始まりますね。最近はライブ配信でコレクション映像がリアルタイムで見られるんです、すごくないですか。いや、今となっては当たり前なんだけど、頑張ってネットに最新ルック画像がUPされるのを待ってた身としては、本当に時代って進んでんな〜と思います。

www.fashion-press.net

それでね!ミラノの代表格「GUCCI」もライブ配信するみたいなんで、17年秋冬のルック何気なく見てたら、「GUCCI」の17秋冬、まじ剛。KinKi Kidsの。キンキの。まーじーつよし〜!っていうか堂本剛軍団じゃねえかこれ!!!(爆)ファッションって自由でしょ!!って感じの。

www.gucci.com

www.gucci.com

www.fashion-press.net


特徴的なのは花柄かな。色彩がビビッドで、インパクトが強い柄。あと組み合わせが強い!(笑)中性的な感じも剛っぽい。17秋冬のグッチはメンズもウィメンズも合わせてのコレクション発表だったから、よく見ないとメンズかウィメンズかわかんないルックもある。メンズモデルみんな細いからさ、、、、メイクしてるし。

 

f:id:kyanakoforyou:20170917222828p:plain

剛のパブリックイメージって、しゃべくりでは「仙人」って言われてたけど、「ジャニーズのなかでも芸術家肌、天才肌でアーティストっぽい」ってイメージになっているの?※これは私がファンになる少し前に、剛に対して思っていたイメージ。

ものすごく個人的な話ですが、転職先で、婚活パーティーで、飲み会で、初めて話す人や、あまりしゃべったことのない知人に「私、KinKi Kidsが好きなんですよ〜。」と言うと、必ずと言っていいほど「どっちが好きなの?!剛でしょ!!」と言われる。

正直、どちらも同じぐらい好きなんですけど、というかKinKi Kidsの二人が好きなんだよ!!!というアツい思いも伝えたいんですけど。色々理由はあるけど、一番の理由は『SHOCK』に背中を押してもらった部分が多いから、どっちか選ぶなら光一さんと答えてます。

余談ですけど、小学生の時にドラマを見る事が許されていて金田一とか未満都市をリアルタイムで見ていたら、絶対に剛の方が好きって言ってたと思う。人生ってタイミングやね。※マジで余談

話を戻すと、なんで剛派に見られるかって、おそらく私の服装と雰囲気で判断されている。基本的に黒の上下、サルエルとかワイドパンツとか好きで良く履いてるしギリシャ柄のパンツとか履いてるから。

学生時代の友達に「パステルカラーとか着ないと、モテないよ〜。」って言われて、服のせいだけじゃないとも思うけどマジでモテない。婚活パーティーのときに、「なんか、アート系?ですね?服装とか……」って言われて、ああこれは、、、私間違えたと思ってしまった。※これも余談

光一さんは王道ジャニーズだしパブリックイメージも王子キャラだから、ファンも姫系というか、ちょっと前の深キョンみたいなフリルのついた服とか着てるイメージなんですかね。で、剛くんのファンは個性的なファッション好きみたいな。

堂本剛はファッションが奇抜だしなんだかアーティストっぽい」というイメージは意外に世間に浸透しているんだな、と思いました。自分がファンになっちゃうと一般的な認識が見えづらくなるもので、控えめに言うと、世間的には金田一とか「硝子の少年」の頃のイメージで止まっている(というかその頃の印象が一番強い)のでは…とすら思っていました。良かった良かった(何が)。

 

Coward (通常盤)

Coward (通常盤)

 

 

 

ビロードの闇(通常盤)

ビロードの闇(通常盤)

 

 

私の認識で言うと、「剛っておしゃれだなっていうか、なんか見た事無いファッションやな」って初めて思ったのは、ENDRICHERI☆ENDRICHERIの頃ですかね?アシメヘアーの時。キンキで言うと「Anniversary」〜「ビロードの闇」ぐらい。たぶん剛くん自身はずっとおしゃれだったんだけど、あのアシメヘアーが衝撃的すぎて。あんな髪型みたことないんだけど?!みたいな。中学生当時の自分が描いていた「KinKi Kidsの剛くん」とかけ離れすぎて、びっくりした思い出です。でもあれから流行ったよね、アシメ。まじですごいわ。

ちなみに17年の秋冬GUCCI、見ていてとても楽しいので大好きです。本当刺激的!その奔放さが剛って感じ(伝われ)。ついでに番傘持ってるルック見て「あっ神楽ちゃん……。(銀魂)」と思ってしまった。キンキファンとしては「あっもうすぐ夜の海はじまる……。」18SSも楽しみですね。

www.fashion-press.net

堂本剛軍団って書いちゃいましたが、GUCCIとかエンドリ見た後で堂本剛軍団見ると、堂本剛軍団が若干おとなしめに見えます(笑)軍団も好きだけどね。

 

 

剛の衣装も含めて、スタイリングで一番好きなの何かな〜って考えてたんですけど、柄着てるときがやっぱり好きだな笑。新堂本兄弟久保田利伸が来た回の衣装とか(黒ベレー+マイケルTシャツ+ブルゾン+柄パン)、スワンソングでMステ出演、光一の愛犬パンちゃんのトークしてたときの、白ハットに柄ベストの衣装もよい。あと剛、ロングコートもとても似合うと思っていて、乙コンの「SNOW!SNOW!SNOW!」の時とかマチャミとスカイツリーデートしてた時とか歓喜しながら見てたな。いつもは光一がロングコートキャラで剛ショート丈のジャケット、っていうバランス感が多いけど。最近のシュッとした都会的なスタイリングも好きです。結論:剛が着ると何でも似合う。

あと、どこかのやる気ある出版社さん、堂本剛のヘアスタイル図鑑もしくはコーディネート図鑑つくって出版して……。キンキの衣装図鑑でも……。10冊買って家族や友人に配るから……。個人でできる限りの販促するから……。つよしのイラストフィッシュ図鑑☆でもいいよ……。

なにはともあれ、振り返ってみても面白いけど、これからも剛のいろんなスタイルが見たいな〜〜と思います。もっともっと奔放に。もっともっと自由に。

 

※小喜利行かれる方、たのしんで……。都内が平日のみだったので断念しました。

※あと、2016年We are KinKiコンのお餅ベレーも好物です、もちろん……。

 

kyanakoforyou.hatenablog.com

即決LOVE〜私は打ちひしがれない〜

お題「今日の出来事」

今絶賛公演中の、ふぉ〜ゆ〜の舞台『GACHI』。明日で東京公演は千秋楽を迎える。

チケットを押さえていたにも関わらず仕事に邪魔され、友人に代わりに行ってもらう事になった。しかも当日券はとれず。。。しょっぱい8月。結局見に行くことなく『GACHI』が終わってしまう。

 

私じゃない人が辰巳から「ありがとう」って言われて、あのキラキラした笑顔で手とか振られて、何なら『SHOCK』を見に行ったときに『GACHI』も来てくれた子だ〜とか認識されて(予想)、とてもとてもうらやましい。当日券買いに行くのが遅い私が悪いけど。やりくりできなかったのが悪いけど。当日券で入る気満々だった割に、よくよく考えると微妙な服装で、それも悪かった。

 

とか、もやもや思いながら、内面磨こう(棒読み)と思って入った展覧会が素描ばかりで、美しいけど物足りなくてさらにもやもやして、“おしゃれだけど今これじゃないカレー”とか食べちゃって、しかも高くて本当にもやもやして、あ〜〜福ちゃんのダンスも見たかったしかわいい松崎君にも会いたかったし、こっしーの軽快なツッコミがあるかわかんないけど見たかったし、何より辰巳に癒されたかった。

 

もしかして、何してもダメな日?と思って、でも家にすごすご帰るのは嫌で、本屋に入ってみた。普段雑誌は図書館で読むようにしているが、ファッション誌は図書館で読めないかつ特集が気になるやつだけ買う。何か役に立つ本でも買って、本気で自分磨きしようかな(棒読み)みたいな感じで、うろうろしていた。

 

「おい」

 

呼ばれた気がした。

 

吸い寄せられるように視線を向けると、正面のラックで光一が微笑んでいた。『ステージスクエア』、今日発売だった……。

 

なんで私がもやもやしてるってわかったの?(お花畑)

 

雑誌の表紙で微笑んでくれるなんて。即決。あなたが微笑む雑誌なら買います。

 

f:id:kyanakoforyou:20170826210105j:image

 

ちゃんと現実見て頑張る。打ちひしがれずに、次ふぉ〜ゆ〜やKinKi Kidsに会う時までにいい女になろう。睫毛を育てたり、日課エクササイズを増やしたり、違う色のリップを着けてみたりしよう。

光一さんありがとう。そういえば、KinKiのうちわでも少し微笑み気味だった。

 

以上が、今日私の脳内で起こった出来事です。

 

We are KinKi Kids〜剛のベレー帽がお餅みたいでかわいい、光一のニノウデの世界

2016年、20周年突入イヤーとして、『薔薇と太陽』シングルリリース、『N album』リリースを皮切りに行われたツアー、そしてドーム公演。

 

デビュー20周年記念日を経た今、DVDを見て、昨年生で見た記憶をたどって、私の気持ちに間違いはなかったと思う。それが大勢のファンの方の意見と違っても。

 

 

あのツアー、ドームコンサートにおいて、『薔薇と太陽』、二人のソロをKinKiの場でやる意味、『陽炎』、そして、この意見は少数派かもしれないが『Fall Dance』を見れて本当に良かった!これに尽きると思う。

 

「SONGS」の紅白舞台裏放映時に、楽曲提供者であるイエモンの吉井も言及していたが、コンサートの重要すぎる位置に『薔薇と太陽』があった。

あと今DVD見ていて思ったけど建さんとどんちゃんも演奏に気合い入ってる。っつーかドームコンに関しては『薔薇と太陽』、YOSHIEとメデューサも出演しているから、なにどこ見ていいのこれ?!みたいなとてつもない華やかさがステージ上にあったわけで。実際ドームコンサート中、光一さん見てても近くにYOSHIEがいるとYOSHIEを見てしまう笑

YOSHIEの吸引力は本当にすごいと思う。ああいう人がカリスマなんだなって。かっこよかった〜〜。

 

『薔薇と太陽』は、優れたクリエーター達が表現するKinKiの世界観と、KinKiの考えるKinKiの世界観が合致したのに加え、従来の「哀愁漂う歌謡曲を歌う現代のジャニーズアイドル」というKinKi像を打ち崩す事なく、縛られがちなマンネリを破って今のKinKi Kidsにしかできない新しい表現を引き出すことに成功した曲だと思う。

吉井の曲は、歌謡調ではあるけれどベースにあるのがロックだから、歌謡曲っぽくするのはなんだか違う。おそらく2人も心得ていたはずだが、歌謡曲っぽく歌い上げると、ひたすら歌謡曲というか演歌のようなムーディーさが強調され、『薔薇と太陽』が持つエッジの効いた感じや、歌詞の言葉のクスッと笑える部分が生きてこない。

光一さんは、時々節の付け方が歌謡に寄りそうな部分があるんだけど、踊りながら歌うことで汗飛び散る感じ、鋭利さが出ていてグッド!!剛はクールに徹していて、俯瞰してる感じがグッド!!この曲のおかげで、キンキとして表現することに対して、2人がより前のめりになってくれたような気がする。

あと、コンサートDVD見ていて思ったのだけど、上下に剛、光一の配置がこの曲は良いと思いました。右目で光一、左目で剛をみるよりも、『薔薇と太陽』は2人がそれぞれ違うことやってるのを両目同時に見たい。

 

ソロコーナー、2人の世界観の違いを際立たせる構成だったように思う。選曲も演出も。しかし『INTERACTIONAL』かっこいいな……ヨシエ×メデューサ×光一とても良い。。。あと、個人的に『LOVE CRIES』大好きなのでイントロ聞いた瞬間に叫んだ笑。あの曲は愛かたとか銀色暗号系統の、光一節と思っている。『Slave Maker』の「つよしカモン!」は言わずもがなですね。背中合わせで歌う場面、目に焼き付いています。あの剛の登場の仕方はかっこいいずるい!!

頑なまでにお互いのソロの領域に入ることを拒んでいた2人が、お互いを尊重し合う形で共演してくれたことがとても嬉しかった。剛ソロで、Pボーンやギターで参加した光一もとても良かったです。剛のセッションコーナーも楽しかったな〜〜〜踊りながら聞いてたな〜〜〜。『LOVE XXXX』も嬉しかったです。

 

『Fall Dance』は、ツアーで聞いた時にこの曲こんなに良い曲だったっけ?って思った。秋だったからかなあ、温度感、歌詞、照明、振り付けが私の中で全てしっくりきた感じがあって、コンサートが終わってからもずっと余韻に浸りっぱなしだった。

コンサートではなくDVD見て思ったことですが、光一さんガシガシ踊ってるね。この振り好きだったのかな、と思いました。「目を閉じたまま〜」のとこのステップとか、剛がラフな感じなのと対照的なんだけど、コントラストが逆にきれい。

あと照明黄緑なんだよね!最初!!黄緑珍しくないですか!!夏の終わり感あって良かった。

「この声君には届かない」の振りも超大好き。なんか珍しくPerfumeっぽいというか、振りが細かいのと、歌詞と連動しているところ。まさに「音楽の可視化」。「ひらひら〜」で上向くところも好き。

曲構成的には、三拍目表で入る光一の「君恋しくて〜」が好き。よく入れるなーと思う笑。それだけじゃなく、入魂してる感じがするから光一が歌うあのフレーズ好きだ。

 

要は、ときめきポイントが多かったということなんでしょうか。あの『Fall Dance』を聞くために、あのコンサートに行った感じすらする。2人が2人だなーって思うんだよなあ。 コンサートで曲が化ける瞬間、みたいな時に立ち会えて、嬉しかったです。

 

曲化けで言えば、『陽炎〜Kagiroi』も本当にすごかった!!会場の空気が一変した。別の次元に引っ張られるような、宇宙的な力を持った曲。

サビで主旋を歌う方にスポットが当たって、もう1人はメンバーカラーの照明になるんだけど、主旋歌う方にハモがエナジー送る構図?みたいな感じに思えて。。。お互いがそれぞれのパワーを受け取って魔法かける!みたいな感じ。うまくいえないけどなんかスピリチュアル!みたいな。妖精降りてきた!!みたいな。この世界と別世界の境目!!みたいな。

 

これが、演者がステージを支配する瞬間なんだろうか。

 

あと陽炎の時に剛がかぶっている白ベレーまじでかわいい。お餅にしか見えなかった。剛がお餅かぶってる♡かわいい♡って思ってた。

話題になっていた光一さんのニノウデ、私は好きでした笑。筋肉どーん!!!でしたね。

 

7月、KinKIごとが色々ありすぎて嬉しさにうちひしがれたり、色々考えたりしていましたが、整理していこうと思っています。

余談ですが(全部余談のようなものですが)、コンサートグッズの目覚ましはとても重宝しています。必ず起きられる。オフにし忘れて出かけたらKinKiが喋り続けてましたが……。

 

f:id:kyanakoforyou:20170820220931j:image

 

お守りアクセサリーを身につけたい。キラキラしていてソウルフルなやつがいい。

キラキラしたものに吸い寄せられていく習性が、どうやら3歳の頃から直っていないらしい。セボンスターとジュエルボックス大好きだった。(大学生になってから懐かしくなって買ってみたりもしました。ひそかに。)ドキドキしながら開けてあんまりキラキラしてないのに当たってがっかり、みたいな。

 

f:id:kyanakoforyou:20170812003824j:image

 ↑これはあたり!!!

 

もういい大人になりましたが、ごく最近幼少の頃のセボンスターに対するときめきと似た気持ちになったんです!!!

 

たまたまTwitterのタイムラインにあったこのニュース。

www.fashion-press.net

 

なんじゃこりゃあ〜〜〜〜!!!!!

 

か、かわいすぎる……。Diorの“Rose des Vents”=羅針図。
「お守りジュエリー」という謳い文句と、キラキラしてるけど決してギラギラしない繊細な造形美に完全にハートを射抜かれました。

「これお守りとしてつけてたらかわいいな〜〜。いつでもつけていられるジュエリーの一つや二つ、がんばって働けばいつか買えるかな〜〜!!」と、嬉々としながら値段チェックしたらものすごい値段に打ちひしがれました……。
天下のディオールをナメていたと言わざるを得ない。11,000,000円ってね!!ゼロ多すぎて一目見ただけで値段認識できねえよ!GINZA SIXのお店のみの取り扱いということは銀座にはあれをご購入される方が……ゴクリ。

 

自分が身につける事は、夢のまた夢のまた夢なのでおとなしく写真で楽しむことにしました。Diorの公式サイトでPRのアニメーションやジュエリーアトリエの様子も見られる。わかっちゃいるけどめっちゃ細かい!!芸細かいしストーンも美しい!!高いはずやな。シリーズもので、ブレスレットやリングもあるらしい。エアー装着する。

 

www.dior.com

 

写真でエアー装着を楽しむのはこの“Rose des Vents”と、CHANELの“ココクラッシュ”です。あのキルティングのジュエリーーーーー。シンプルだけどオーラがあってかわいい。

www.fashion-press.net

 

私としては、何かこうあの人あれ頻繁につけてるよね、あれ見るとあの人だなって思うよねみたいなアイコニックなアクセサリーを身につけたい気持ちがある。まさにお守り的な。

f:id:kyanakoforyou:20170811235447j:image

たとえば、KinKi Kidsの剛がここ最近している水晶のネックレスやブレスレット。(「薔薇と太陽」MVでしてるやつ)とてもかわいい。あんなにザクザクした水晶のアクセサリー、なかなか見つからない。(球に成形されている数珠っぽいやつ、パワーストーンブレスみたいなのはよく見かける。)

あのザクザククリスタル見ると剛だなって思う。影響されまくりマックスなんですが、クリスタル(風)ー!!って感じのデザインのリングがあったので、昨年購入して以来結構身につけている。

f:id:kyanakoforyou:20170811235633j:plain

だから、もう少しすればこのリングが私のアイコニックリングになってくれるかもしれない。(見た目は石っぽいけど石ではなく偽物。お値段もペーペーのOLに優しかった。)

あとたまたま部屋の掃除していて見つかった、おばあちゃんから昔もらったブレスレット。

f:id:kyanakoforyou:20170811235658j:image

紫の謎の石。多分石……?貝かな……?勾玉のような形。
キラキラしていないしなんだかオーラが渋いので、なぜこれを私に……?おばあちゃん……?と子供心に思いました。

これもお守りっぽい!!とテンションが上がった私。次なるお守りアクセサリーを部屋の奥底から発掘しました!!

f:id:kyanakoforyou:20170811235722j:image

 これ完全にお守りや。清明神社の五芒星ネックレス。まだ小学生の頃、京都に行ったときに親に買ってもらったやつ……。“Rose des Vents”に似ているような気も、、、しないですかね。。。小さい頃陰陽師とか風水とかに憧れてたんですよね。羅針盤かっこいいと思ってたし。幼い頃のマインドと変わってないではないか……。

これは大学時代ですが、こんな本も買いました。↓

 

系統樹曼荼羅』 

系統樹曼荼羅―チェイン・ツリー・ネットワーク

系統樹曼荼羅―チェイン・ツリー・ネットワーク

 

 

『カラーリングマンダラ』

カラーリング・マンダラ

カラーリング・マンダラ

 

 

スペオキアクセサリー、マイアイコニックアクセサリーは、今現在はこのブレスレット。

f:id:kyanakoforyou:20170811235733j:image

S.NAKABAの黒蛇“Le Serpent Noir”。結構がんばって買った覚え。とてもラブです。中場信次さんというジュエリーデザイナーさん、どの作品もクールで、繊細でかっこいい。どの作品も魂持って生きてるみたいな、そんな感じがする。

 

アクセサリーの話書いてて思い出したんですけど、絶賛りぼん読者だった頃に連載していた小花美穂の『パートナー』っていう漫画。

 

 

(当時ドはまりしていた……。周りの友達は暗い話だからちょっとって子も多かったがとても良い。双子の男の子と双子の女の子のそれぞれ思いが交錯する感じとか、非日常的空間の中でなんとか生き抜こうとする主人公・苗と武の頑張りに心を打たれていた。)

ネタバレ含みますが、双子の姉妹の苗と萌が喧嘩して、苗が仲直りのために買ったプレゼントのネックレスと全く同じものを妹の萌も買っていた。その後仲直りできないまま萌と死別してしまうんですが、苗がずーっと大事にそのネックレスをつけていたりとか、全ての事が落ち着いた後にやっとネックレスを萌に渡す事ができたりとか、物語のキーアイテムがそのネックレスだった。あれ以上のお守りアイテムあるかボケェェ!!!って思いました。

まあ当時『神風怪盗ジャンヌ』も連載していて、『ジャンヌ』のロザリオの方が”THEお守り”感はあるんですけど、、、『パートナー』のネックレスは形見的存在というか……正確に言えば形見ではないんだけど、ネックレスを着けている事で萌と一緒にいる、だったり、萌と苗がお互いに唯一無二の双子の姉妹だっていう存在を認め合う事の象徴であるような気がするんだよなーー。

 

思い出したら読みたくなった。『パートナー』買い直そうかな笑。